金沢市不動産売却イメージ画像

石川県金沢市の不動産売却における仲介手数料について解説

パート1: 不動産売却時に支払う仲介手数料とは?

石川県金沢市の不動産の売却時には、仲介をしてくれた不動産会社に仲介手数料を支払う必要があります。この仲介手数料は、数十万円から数百万円にも及ぶことがあるため、その金額がどのように決まるのかを把握しておくことが重要です。本記事では、不動産の売買時にかかる仲介手数料について徹底解説します。上限額の計算方法や支払うタイミング、値引き交渉の可否なども紹介し、仲介手数料のかからない買取や個人売買の注意点も解説します。

パート2: 仲介手数料の金額はどう決まる?計算方法を解説

石川県金沢市の不動産売却の仲介手数料の上限は法律により決まっており、計算式があるため自分でも見積もりが可能です。ここでは、仲介手数料の計算方法や具体例を解説します。不動産の売却時によく聞く「両手仲介」「片手仲介」の意味と値切り交渉の可否も併せて確認しましょう。売買価格に対する比率や特例についても詳しく説明します。

パート3: 仲介を依頼する不動産会社と結ぶ媒介契約とは

石川県金沢市の不動産会社に仲介を依頼するときには媒介契約を締結します。媒介契約の種類は、以下の3種類です。一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約。各契約内容の特徴や、購入時と売却時にどのような観点で契約内容を選んだほうが良いかを解説します。契約社数や報告義務、指定流通機構(レインズ)への登録義務などの違いについても説明します。

パート4: 仲介手数料がかからない“買取”と“個人売買”のメリット・デメリット

仲介手数料がかからない売却方法として、買取と個人売買が挙げられます。また仲介と買取の両方を行っている会社のなかには、仲介で売却ができなかった場合に不動産を買い取ってくれる、買取保証を実施しているところもあります。買取と個人売買それぞれのメリットとデメリットを詳しく解説し、どちらが自分にとって最適かを判断するためのポイントを紹介します。

パート5: 仲介手数料以外の不動産売買にかかる費用

石川県金沢市の不動産売買では、仲介手数料以外にもいくつかの費用が発生します。売却時と購入時にかかる主な費用を一覧にして紹介し、それぞれの費用について詳細に解説します。印紙税や抵当権抹消の登記費用、所得税・住民税、引越し費用など、売買に伴うさまざまな費用について押さえておくべきポイントを説明します。これらの費用をしっかりと把握して、資金計画を立てる際に役立てましょう。

パート1: 不動産売却時に支払う仲介手数料とは?

石川県金沢市の不動産の売買や賃貸の際には、不動産会社に仲介手数料を支払うことになります。特に売買の場合、この手数料は高額になることが多いため、事前に理解しておくことが大切です。

仲介手数料とは?

仲介手数料とは、不動産の売買や賃貸の取引を行う際、売主と買主の間に入って案内から契約・引き渡しまでをサポートする不動産仲介会社に支払う手数料のことです。不動産売買は高額な取引になるため、専門知識が必要であり、この知識に対する報酬が仲介手数料として発生します。仲介手数料は成功報酬であり、売買契約が成立するまで支払う必要はありません。

不動産売買の流れと仲介会社の仕事

石川県金沢市の不動産売買の流れには、査定、集客、物件案内、売買条件の交渉、契約、住宅ローン手続き、物件の引き渡しが含まれます。不動産会社はこれらの各ステップでサポートを行い、売主と買主の間に立って交渉や契約手続きを進めます。

仲介手数料が発生するタイミング

仲介手数料は成功報酬であるため、売買契約が成立しなかった場合は支払う必要はありません。売買契約が成立したタイミングで仲介手数料が発生し、石川県金沢市では、一般的には物件引き渡し時に全額支払います。

仲介手数料は現金で支払う

仲介手数料は、基本的に現金で支払います。契約日が決まったら、不動産売買契約書と重要事項説明書の内容とともに、当日必要な現金の金額を確認しておきましょう。

不動産売却における仲介手数料については、次のパートでさらに詳しく解説します。

パート2: 仲介手数料の金額はどう決まる?計算方法を解説

仲介手数料の上限は法律で定められており、売買価格に基づいて計算されます。このパートでは、仲介手数料の具体的な計算方法と、売買価格に対する手数料の上限額について詳しく解説します。

仲介手数料の計算方法

仲介手数料の上限額は、以下の計算式で求めることができます:

  • 売買価格200万円以下の部分:売買価格の5%+消費税
  • 売買価格200万円超400万円以下の部分:売買価格の4%+消費税
  • 売買価格400万円超の部分:売買価格の3%+消費税

これを速算式にまとめると、売買価格が400万円を超える場合の仲介手数料は以下のようになります:

売買価格 × 3% + 6万円 + 消費税

仲介手数料の具体例

例えば、3000万円の物件を購入または売却する場合の仲介手数料を計算してみましょう。

  1. 法令上の計算式:
200万円 × 5% + 200万円 × 4% + 2600万円 × 3% + 消費税(10%) = 105万6000円
  1. 速算式:
3000万円 × 3% + 6万円 + 消費税(10%) = 105万6000円

どちらの方法でも、同じ金額になります。

両手仲介、片手仲介とは

石川県金沢市の不動産取引には、売主と買主双方の仲介を同じ会社が行う「両手仲介」と、別々の会社が行う「片手仲介」があります。支払う仲介手数料の金額は同じですが、売主としては、仲介会社が「両手仲介」にこだわりすぎないか注意する必要があります。自社の購入希望客にのみ物件を紹介することで、最適な売却タイミングを逃す恐れがあります。

仲介手数料は安くできるか

法律で定められた仲介手数料は上限額ですが、交渉により安くすることも可能です。ただし、仲介手数料の値引き交渉は慎重に行うべきです。長期間売れ残っている物件などの場合、値引き交渉に応じることもありますが、基本的には物件価格の値引き交渉を優先すべきです。仲介手数料を安易に値引きしようとすることはお勧めできません。

次のパートでは、不動産会社と結ぶ媒介契約の種類や特徴について詳しく解説します。

パート3: 仲介を依頼する不動産会社と結ぶ媒介契約とは

不動産会社に仲介を依頼する際には、媒介契約を締結します。この媒介契約には3つの種類があり、それぞれ特徴があります。このパートでは、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の違いや、どの契約が適しているかについて解説します。

媒介契約の種類

媒介契約は以下の3種類があります:

  1. 一般媒介契約
  2. 専任媒介契約
  3. 専属専任媒介契約

これらの契約は、契約できる社数と自己発見取引の可否で異なります。

  • 一般媒介契約: 複数の会社と契約が可能で、自己発見取引も認められます。報告義務やレインズへの登録義務はありません。
  • 専任媒介契約: 1社のみに依頼しますが、自己発見取引は可能です。レインズへの登録義務があり、2週間に1回以上の業務報告が必要です。
  • 専属専任媒介契約: 1社のみに依頼し、自己発見取引は認められません。レインズへの登録義務があり、1週間に1回以上の業務報告が必要です。

各契約のメリット・デメリット

一般媒介契約:

  • メリット: 複数の会社に依頼できるため、広く買主を探せます。
  • デメリット: 複数の会社と連絡を取る手間がかかり、売却活動が分散しやすいです。

専任媒介契約:

  • メリット: 1社に集中して依頼できるため、売却活動がスムーズに進みます。
  • デメリット: 1社のみの依頼となるため、依頼先の選択が重要です。

専属専任媒介契約:

  • メリット: 1社に専属的に依頼するため、売却活動が一貫して行われます。
  • デメリット: 自己発見取引が認められないため、依頼先の信頼性が重要です。

次のパートでは、仲介手数料がかからない買取や個人売買のメリット・デメリットについて詳しく解説します。


パート4: 仲介手数料がかからない“買取”と“個人売買”のメリット・デメリット

不動産を売却する際に、仲介手数料がかからない方法として「買取」と「個人売買」があります。それぞれの方法にはメリットとデメリットが存在します。このパートでは、買取と個人売買の特徴と、どちらの方法が適しているかを判断するためのポイントを紹介します。

買取のメリット・デメリット

メリット:

  • 売却金を早く確実に受け取ることができる
  • 契約から引き渡し・入金までがスピーディー
  • 仲介手数料がかからない

デメリット:

  • 売却金額が仲介よりも2~3割安くなる傾向がある

個人売買のメリット・デメリット

メリット:

  • 仲介手数料が不要
  • 契約内容を自由に決められる

デメリット:

  • 相手を見つけるのが難しい
  • 売買終了後にトラブルが発生するリスクが高い
  • 法律や税制の規定に詳しくないと問題が発生する可能性がある

買取や個人売買を検討する際には、これらのメリットとデメリットを十分に理解し、自分に合った方法を選ぶことが重要です。

次のパートでは、不動産売買にかかる仲介手数料以外の費用について詳しく解説します。


パート5: 仲介手数料以外の不動産売買にかかる費用

不動産売買では、仲介手数料以外にもさまざまな費用が発生します。このパートでは、売却時と購入時にかかる主な費用について解説し、それぞれの費用を把握しておくことの重要性を説明します。

売却時にかかる諸費用

印紙税: 不動産売買契約書に収入印紙を貼って納めます。

抵当権抹消の登記費用: 住宅ローンを完済した際に必要となる費用です。司法書士への報酬も含まれます。

所得税、住民税: 石川県金沢市の不動産を売って利益が出た場合にかかります。利益は売却金額から取得費と譲渡費用を差し引いて計算されます。

引越し費用: 新居への引越し費用も念頭に置いておく必要があります。

購入時にかかる諸費用

印紙税: 売買契約書や住宅ローンの契約書に課せられます。

不動産取得税: 不動産を取得した際に課せられる税金です。

登録免許税: 所有権移転登記や抵当権設定登記にかかります。

住宅ローン借入費用: 融資手数料やローン保証料、団体信用生命保険料などがかかります。

引越し費用: 引越しの際にかかる費用です。季節による費用の変動にも注意が必要です。

これらの費用を把握し、資金計画を立てることで、不動産売買をスムーズに進めることができます。


以上、金沢市での不動産売却における仲介手数料やその他の費用についてです。金沢市不動産売却相談ナビでは随時土地や建物の売却の相談を受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

金沢市不動産売却相談ナビ

金沢市不動産売却イメージ画像
最新情報をチェックしよう!
>石川県金沢市の不動産売却の相談なら有限会社ジャパンサービスへ!

石川県金沢市の不動産売却の相談なら有限会社ジャパンサービスへ!

石川県金沢市の不動産売却を専門に30年以上の実績を誇る地域密着企業です。土地や建物を早く売りたい、相場よりも高く売りたいなどなど様々なニーズに対応しております。

CTR IMG