金沢市不動産売却イメージ画像

石川県金沢市のお家で住宅ローンが残っていてもマンションを買い替える方法とは?流れと注意点を詳しく解説

住宅ローンが残っている状態でのマンション買い替えは可能か?

現在住んでいるマンションを売却して新しい物件に住み替えたいと考える際、住宅ローンの残債が大きな壁となることがあります。ローンが残っていても買い替えは可能ですが、売却資金でローンを完済できるかどうかが重要です。この記事では、住宅ローンが残っている場合の石川県金沢市のマンション買い替えの方法や注意点について詳しく解説します。

住宅ローンの残高を確認する方法

金融機関のウェブサービスを利用する

借入先の金融機関の多くは、インターネット上で住宅ローンの残高を確認できるサービスを提供しています。パソコンやスマートフォンを使って24時間いつでも残高を確認できるため、非常に便利です。ただし、利用できるかどうかは金融機関によって異なるため、まずは自身の金融機関に問い合わせて確認しましょう。

返済予定表を確認する

返済予定表は、住宅ローン契約時に発行される返済計画書です。この書類には、各返済時点での残高や返済額が記載されています。特に、変動金利でローンを組んでいる場合は、金利の見直しに伴って新しい返済予定表が発行されるため、最新のものを確認することが重要です。

残高証明書を利用する

年末調整や確定申告で住宅ローン控除を受けるために必要な残高証明書も、残高を確認する手段の一つです。毎年10~11月ごろに発行され、年末時点での残高が記載されています。

金融機関の窓口で確認する

直接金融機関の窓口で残高を確認することも可能です。この方法では、返済予定表や残高証明書を再発行することもできます。通帳や本人確認書類、印鑑などが必要となる場合があるため、事前に確認しておきましょう。

ローンが残っているマンションを住み替える方法

自己資金を活用する

ローンの残債を自己資金で補填することができれば、マンションの売却はスムーズに進みます。ただし、大きな額が必要になるため、自己資金が十分にあるかを確認する必要があります。

住み替えローンを利用する

住み替えローンは、住み替えのための新しい住宅ローンと、旧居の残債をまとめて融資してくれるローンです。審査が厳しく、金利が高めに設定されることが多いため、注意が必要です。収入に余裕があり、ローンの負担をしっかりと計画できる方に向いています。

ダブルローンを組む

現在のローンに加えて新しいローンを組む方法です。二重の返済負担が発生するため、収入が安定している人や、ローンの残債が少ない人に適しています。審査が厳しくなるため、慎重に検討する必要があります。

つなぎ融資を利用する

つなぎ融資は、旧居を売却する前に新居を購入するための一時的な融資です。融資期間が3か月から1年程度と短期間であるため、売却スケジュールをしっかりと計画する必要があります。

任意売却を検討する

住宅ローンの返済が困難な場合、金融機関の許可を得て任意売却を行う方法もあります。売却資金でローンを返済し、残債は引き続き返済していく形になりますが、通常の売却よりも価格が低くなることが多いため、慎重に判断することが必要です。

住宅ローンが残るマンションを買い替える際に利用したい控除

譲渡損失の損益通算および繰越控除の特例

マンションを売却して損失が発生した場合、この特例を活用することで、他の所得と相殺し、税金の負担を軽減することが可能です。適用には条件があるため、詳しくは国税庁のウェブサイトで確認することが重要です。

残債がある家を住み替えるには、まずは査定から

マンションの住み替えを考える際、まずは現在のマンションがどれくらいの価格で売却できるかを把握することが重要です。不動産会社に査定を依頼し、売却価格の目安を確認しましょう。査定額を基に、住み替えローンやダブルローンなど、適切な方法を選んで計画を立てることが成功の鍵です。

石川県金沢市の不動産売却、買取のご相談ならジャパンサービスへ!

石川県金沢市の不動産買取、売却ならジャパンサービスへお気軽にお問い合わせください!ご納得頂ける取引になるよう様々な工夫を提案させて頂きます。

金沢市不動産売却相談ナビ

金沢市不動産売却イメージ画像
最新情報をチェックしよう!
>石川県金沢市の不動産売却の相談なら有限会社ジャパンサービスへ!

石川県金沢市の不動産売却の相談なら有限会社ジャパンサービスへ!

石川県金沢市の不動産売却を専門に30年以上の実績を誇る地域密着企業です。土地や建物を早く売りたい、相場よりも高く売りたいなどなど様々なニーズに対応しております。

CTR IMG