金沢市不動産売却イメージ画像

石川県金沢市の再建築不可の土地・建物を売却する際の重要ポイント

石川県金沢市の再建築不可の土地や建物を売却する際には、多くの困難が伴います。再建築不可物件とは、建て替えや増築ができない物件を指し、この条件は売却を難しくします。しかし、適切な方法を取れば、再建築不可物件でもスムーズな売却が可能です。この記事では、再建築不可物件の特徴や売却時のポイントについて詳しく解説します。

1. 再建築不可物件とは?

1.1 接道義務を満たしていない土地建物

再建築不可物件とは、主に建築基準法の「接道義務」を満たしていない土地に建つ物件を指します。接道義務とは、建物の敷地が建築基準法上の道路に2m以上接していなければならないという規定です。接道義務を満たしていない土地では、新たに建物を建てることや既存の建物を増改築することができません。

1.2 再建築不可の土地建物の定義

再建築不可物件には、市街化調整区域に位置する土地も含まれます。この区域では、新たな建物の建築が厳しく制限されています。市街化調整区域の土地に建つ建物も、再建築不可物件に該当することがあります。

2. 接道義務の詳細

2.1 建築基準法42条による道路の定義

建築基準法42条では、道路の定義が細かく規定されています。以下にその主な定義を示します:

  • 既存道路(42条1項3号): 公道か私道を問わず、建築基準法施行時(昭和25年11月23日)に既に存在していた幅員4m以上の道路。
  • 都市計画法などで予定されている道路(42条1項4号): 道路法や都市計画法に基づき、将来的に新設または変更される予定の道路。
  • 位置指定道路(42条1項5号): 特定行政庁から位置を指定された道路。
  • みなし道路(42条2項): 法が適用された時点で既に存在していた幅員4m未満の道路。

2.2 接道義務の例外

建築基準法43条の「但し書き」には、接道義務を満たさない土地でも再建築を認める場合があります。これは自治体ごとの判断によります。再建築不可物件がこの例外に該当するかどうかを確認するためには、自治体の担当窓口に問い合わせる必要があります。

3. 再建築不可かどうかの確認

3.1 測量の重要性

再建築不可かどうかを正確に判断するためには、現況の測量と登記記録との照合が不可欠です。古い家屋が立つ土地では、建築当時の測量の精度が低く、実際には接道義務を満たしていないことが後から判明する場合があります。このため、売却前に正確な測量を行い、再建築不可物件かどうかを確認することが重要です。

4. 再建築不可物件を売却する方法

4.1 リフォーム・リノベーションを施す

再建築不可物件でも、リフォームやリノベーションによって売却しやすくすることが可能です。建物の再生には、建築基準法に基づく「建築確認申請」が不要な範囲での改修が有効です。具体的には、床面積の増加や主要構造部の大きな変更を伴わない改修が該当します。ただし、詳細な判断は専門家に相談することが必要です。

4.2 不足分の土地を購入して建築可能にする

隣地の購入や借り入れによって、接道義務を満たすことができれば、再建築が可能になります。隣地を購入して接道義務をクリアすることで、物件の価値が大幅に向上し、売却しやすくなります。また、隣地のオーナーに売却する方法もあります。どちらの場合も、自治体の基準に基づく確認と正確な測量が必要です。

4.3 不動産会社の買取制度を利用する

不動産会社による買取制度を利用することで、再建築不可物件でもスムーズに売却できます。この方法では、売却額は市場価格よりも低くなることが多いですが、迅速な売却が可能です。特に、売却を急いでいる場合には有効な手段です。

5. 再建築不可物件の売却時の注意点

5.1 売却前の確認事項

再建築不可物件を売却する前に、以下の点を確認することが重要です:

  • 法的制約: 物件が再建築不可とされる理由や法的な制約を明確にする。
  • 測量の確認: 現況の測量を正確に行い、登記記録と照合する。
  • 隣地の状況: 隣地の所有者や利用状況を確認し、購入や借り入れの可能性を探る。

5.2 売却後のフォロー

売却後も、買主が安心して物件を利用できるようにフォローを行うことが重要です。具体的には、売却前に行った測量や法的な確認結果を詳細に伝えることが求められます。

6. 再建築不可物件の市場価値

6.1 市場価値の評価

再建築不可物件の市場価値は、接道義務を満たしている物件と比較して低くなる傾向があります。しかし、リフォームや隣地の購入などの対策を講じることで、価値を向上させることが可能です。また、物件の立地や周辺環境も市場価値に大きく影響します。

6.2 売却価格の設定

再建築不可物件の売却価格を設定する際には、市場価値を適切に評価することが重要です。専門の不動産会社に査定を依頼し、現実的な価格設定を行うことが成功の鍵となります。

7. 再建築不可物件の魅力を引き出す

7.1 物件の特長をアピール

再建築不可物件でも、独自の魅力をアピールすることで買主の興味を引くことができます。例えば、古民家風のデザインや広い庭、歴史的な背景など、他の物件にはない特長を強調しましょう。

7.2 資産価値の向上策

リノベーションやリフォームを通じて、物件の資産価値を向上させることができます。特に、内装の改修や設備の更新は、物件の魅力を高める効果があります。費用対効果を考慮しながら、適切な改修を行うことが重要です。

8. 再建築不可物件の売却に成功するためのステップ

8.1 専門家のサポートを受ける

再建築不可物件の売却には、法的な知識や市場動向の把握が欠かせません。専門の不動産会社のサポートを受けることで、スムーズな売却を実現できます。

8.2 効果的なマーケティング戦略

物件の特長を最大限に活かしたマーケティング戦略を立てることが重要です。信頼できる不動産会社とともにオンライン広告や不動産ポータルサイトの活用、オープンハウスの開催など、多様な手法を組み合わせて広く買主を募集しましょう。

8.3 柔軟な交渉姿勢

再建築不可物件の売却には、柔軟な交渉姿勢が求められます。買主のニーズや要望を理解し、適切な対応をすることで、スムーズな売却につなげることができます。

金沢市の不動産のご相談ならジャパンサービスへ

金沢市の不動産の無料相談、無料査定ならジャパンサービスへ!買手を見つけるのが難しい再建築不可物件でも理想の売却が出来るようご提案させていただきます。お気軽にこちらからお問い合わせください。

金沢市不動産売却相談ナビ

金沢市不動産売却イメージ画像
最新情報をチェックしよう!
>石川県金沢市の不動産売却の相談なら有限会社ジャパンサービスへ!

石川県金沢市の不動産売却の相談なら有限会社ジャパンサービスへ!

石川県金沢市の不動産売却を専門に30年以上の実績を誇る地域密着企業です。土地や建物を早く売りたい、相場よりも高く売りたいなどなど様々なニーズに対応しております。

CTR IMG