金沢市不動産売却イメージ画像

石川県内の田舎の家を売る方法とポイント:売却を成功させるために

田舎の家を売却することは、需要の低さや築年数の問題などで難しい場合があります。しかし、ポイントを押さえて工夫をすれば売却しやすくなることもあります。今回は、田舎の家を売るための方法や注意点について詳しく解説します。

田舎の家が売却しにくい理由

需要の少なさ

田舎の家は、人口が少なく、家を購入したいという需要が少ないため、売却が難しい場合があります。地方では、すでに実家で親と同居している人が多く、新たに家を購入しようというニーズが生まれにくいです。また、都市部から地方へ移住する人の数も限られているため、全体的に需要が低いです。

不動産会社の対応エリアの問題

地域によっては、不動産会社の営業エリアから外れてしまい、売却を依頼できる不動産会社が見つからないことがあります。不動産会社も利益を考えて活動しているため、対応できるエリアが限られています。特に田舎では、営業エリアから外れる可能性が高く、売却の依頼先を見つけるのが難しくなることがあります。

築年数の問題

親や親戚から相続した物件は、建物の築年数が古く、設備の老朽化が進んでいることが多いです。特に、1981年6月以前に建てられた建物は、新耐震基準を満たしていないため、安全性に問題があります。また、外観や機能が古く、魅力的でないため、購入希望者が少なくなります。

維持費の問題

築年数が古い物件は、修繕費や維持費が高くなるため、購入をためらう人が多いです。建物が古くなると、修繕や維持に多くの費用がかかるため、物件価格が安くても購入をためらう傾向があります。

田舎の家を売却する方法

1. 不動産会社を探す

田舎の家を売却するためには、その地域の物件の売買に強い不動産会社を探すことが重要です。地域の物件の売却実績が豊富な不動産会社に相談し、物件の活用方法や売却のアドバイスをもらいましょう。

2. リフォームやリノベーションを行う

田舎の家を売却しやすくするためには、リフォームやリノベーションを検討しましょう。物件の見た目を改善することで、購入希望者の第一印象を良くすることができます。例えば、床や壁の張り替え、外壁や屋根の塗装、窓やドアの修理などが効果的です。

3. 更地にして売却する

建物が古く、リフォームやリノベーションに多額の費用がかかる場合は、建物を解体して更地にしてから売りに出す方法もあります。更地にすることで、購入者が自由に土地を利用できるため、需要が高まりやすくなります。また、更地にすることで、解体費用を購入者に負担させることなく売却できるというメリットもあります。

田舎の家を売るときの注意点

1. 3年以内に売却する

空き家となっている家を売却する場合、住まなくなってから3年以内に売却するようにしましょう。居住用財産を譲渡した場合の3000万円の特別控除の特例を受けるためには、売る家に住まなくなってから3年以内に売却する必要があります。建物を解体した場合も同様に、解体後1年以内に売却契約を締結し、解体した建物に住まなくなってから3年が経つ年の年末までに売却する必要があります。

2. 物件の管理

空き家を放置すると、建物が急速に傷んでしまうため、定期的な管理が必要です。また、放置された空き家は不法投棄や犯罪の温床になる可能性があるため、管理を怠らないようにしましょう。管理が難しい場合は、専門業者に委託することも検討しましょう。

売却時にアピールできるポイント

1. 自然環境の魅力

田舎の家は、豊かな自然環境でのびのびと暮らせる点が魅力です。老後の家庭菜園や子育て、病気療養など、自然豊かな環境での生活を希望する人にアピールしましょう。

2. 広い敷地と建物

田舎の土地は都会に比べて安く、広い土地が多いです。広い家に住むことで、書斎や趣味専用の部屋、仕事部屋などを設けることができます。在宅勤務が普及する中で、広い住環境を求める人にとって魅力的なポイントです。

3. 税金の安さ

田舎の土地は固定資産税が安いことも魅力です。固定資産税の負担が軽減されるため、長期的に見ると大きなメリットになります。

売れない場合は買い取りという選択肢も

どうしても売れない場合は、不動産会社に買い取りを依頼することも検討しましょう。不動産会社に買い取ってもらうことで、早期に現金化することができます。買い取りでは、仲介よりも売却価格が低くなる傾向がありますが、迅速に売却できる点がメリットです。

買い取りのメリット

不動産会社に買い取ってもらうことで、売却活動の手間を省き、早期に現金化することができます。通常の仲介売却では、売却完了までに3か月から半年程度かかることがありますが、買い取りであれば早ければ1か月程度で取引が完了します。

買い取りのデメリット

買い取りでは、仲介売却の6~8割程度の売却価格となることが一般的です。これは、不動産会社がリノベーションやリフォームにかかる費用を差し引くためです。また、買い取りの対象となる物件は売れる見込みのある物件に限られるため、すべての田舎の家が買い取り対象となるわけではありません。

まとめ

田舎の家を売却する際には、地域の不動産会社に相談し、リフォームやリノベーション、更地にするなどの方法を検討しましょう。また、売却時には3年以内に売却することや、物件の管理を徹底することが重要です。豊かな自然環境や広い敷地、税金の安さなど、田舎の家ならではの魅力をアピールすることで、売却の可能性を高めることができます。

売却が難しい場合は、不動産会社に買い取りを依頼することも検討しましょう。買い取りでは、迅速に現金化できる点がメリットですが、売却価格が低くなることに注意が必要です。

田舎の家を売却するためには、適切な対策と工夫が必要です。この記事を参考に、石川県内の田舎の家の売却を成功させましょう。

石川県の不動産売却、買取のご相談ならジャパンサービスへ!石川県の不動産買取、売却ならジャパンサービスへお気軽にお問い合わせください!ご納得頂ける取引になるよう様々な工夫を提案させて頂きます。

金沢市不動産売却相談ナビ

金沢市不動産売却イメージ画像
最新情報をチェックしよう!
>石川県金沢市の不動産売却の相談なら有限会社ジャパンサービスへ!

石川県金沢市の不動産売却の相談なら有限会社ジャパンサービスへ!

石川県金沢市の不動産売却を専門に30年以上の実績を誇る地域密着企業です。土地や建物を早く売りたい、相場よりも高く売りたいなどなど様々なニーズに対応しております。

CTR IMG